« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

「相棒」劇場版Ⅱを観たよ!

初日の初回を観てきました。
もちろん、前日にはTVも観て→っていうか、続きだったし。。。

入館時にもらったポストカード(クリスマスカードらしき設定)は、ミッチー。
上映時期によって、変わるらしいという噂ですが。
(だって、思いっきり「メリークリスマス」って書いてあるカードを正月に配布っていうのもおかしいもんね)
「相棒」の衣装でのカードなので、思いっきり「神戸くん」してます。
なので「右京さん」カードも欲しくなります!
やっぱり「相棒」なので、2人1セットっていうことで。

さて、映画。
まず、観終わっての感想は。。。
「これ、わざわざ映画にする必要ないんじゃない???」
正月とか年末スペシャルとどこがどー違う???
でした。
違う点は「予算のかけ方?」なのかな?
(それもあんまり感じなかったけど)

「相棒」で相棒が変わった時点から、キャストの変更があるんだろうなとは思ってたけど、さすがに官房長が死んじゃうっていうのは、ショックかも。
もう、回転寿司のシーンは見られないのかぁ~~~
あの掛け合いが好きだったのになーーー

あの映画の内容がそのまま「相棒」の事情ともリンクしてるのかなー
とも思ったり。
(人事刷新っていうこと)

今回のシーズンの「ボーダーライン」は作品としては、いいなぁと思ったけど、「相棒」としてはどうなんだろうとか思ったり。

内容から考えて、半年もしたら、TVで放送する予感。

|

一万人の第九・2010-佐渡練ー

最終練習の「佐渡練」の日がやってきました!

今回も発声練習担当は、有元先生。
「となりのびあが~~~で~~~ん」
をやってきました(笑)

今回、ずっと「歌見本」のない橋本クラスだったせいか、歌ってくれる先生が、ホントありがた~~~い!
私が参加してた頃は、あんまり歌わせてもらえない有元クラスだったけど、有元先生の歌はすっごく好きな私。
(なにげにファン)
久し振りに美声が聞けて、嬉しかったです。

よく考えたら、歌見本のない先生って、私が一番初めに参加した時のクラスの木村先生以来かも。

ということで、肝心のマエストロ佐渡ですが、相変わらずのパワー全開!
1万人をひっぱって行くのですから、これくらいじゃなければやってけないんでしょうね~~~
練習ホールに難点があったように感じたんで、次回はぜひ検討して欲しいところ。

「こーいうことを言いたいんだろう」っていう気持ちは伝わってきたけど、もうちょっと歌いたかったなーーー
合唱団だけの総練習だったんで、緊張感はゼロだったけど、雰囲気は良かったです。

これで今回の練習はすべて終了!

このイベントって、歌で参加する私たちの限りなく「自己満足」なイベントだと思うけど、参加する回数が多くなると、やっぱり要求も高くなるっていうか、もう少し「自己満足度が高くなるといーなー」

この時期はいつも仕事が忙しくて、なかなか合唱に復活できないのが残念。
また、クリスマス・キャロルが歌える環境になりたい~~~
そんで、第九も1万人以外で歌いたいです!

・・・・・こんな風に毎年、1万人で歌われる第九。ベートーベン先生はどうご覧になるでしょう?感想をとっても聞いてみたい!・・・・・

|

一万人の第九・2010-補習ー

今回1回お休みしたので、初めて「補習」クラスに参加してみました。
(ただ歌いたかっただけ)

行ってびっくりしたのが
「人数、少ないー」
そう、経験者でお休み1回だったら、補習っていうか補講っていうか、参加しなくても本番に出席する権利はあるんだよね。
これはあくまでも規定回数以上お休みしちゃった人への救済措置的なクラスだから。

でも、まあ、私みたいに「歌いたい!」目的の人もいるわけで。。。。
もう少しちゃんと歌わせてくれても良かったのでは。。。。

久し振りに檀上でお会いした岩城先生。
大フィル合唱団以来。
相変わらずのお元気さで、嬉しかったんですが、あんなに雄弁な方でしたっけ?。。。。
勉強にはなりましたが、歌いたかったです。
講義は、「まる1日セミナーとかあったら、お願いします」という感じです。

でも、講師の先生が歌ってくれるのは、嬉しい!!!
やっぱり歌見本がないと(素人なもんで)

まだまだ歌い足りない私ですが、もう最後の練習、「佐渡練」を残すのみです。

|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »